・約2万年位前、地球が4回目の氷河期を迎へ、海水面が150m位下がり、大阪湾が陸化するが、その後海水面が上昇し現在に至る。(沖積層の形成
・約50万年位前、大阪湾が沈降し六甲山地が隆起しはじめる。(六甲造山の形成)
・約200万年位前、これらが海水面から分離して平原となっていたが、南方からしだいに海水が入ってくるようになり、第2瀬戸内海が形成されてゆく。(大阪層群の形成)
・約1500万年位前、古神戸湖と呼ばれる湖が西方に広がっていて、そこにどんどん土砂や火山灰が堆積してゆく。(神戸層群の形成)
・約1億5000万年位前、六甲山の母体となる花崗岩が形成される(六甲花崗岩・布引花崗閃緑岩の形成)            

神戸の地形・地質

地形・地質からみた  わが街神戸
 神戸の街は、六甲山の南側に発達した扇状地と西側から運ばれてきた土砂による砂州が作る天然の良港(兵庫の津)を中心に発展をしてきました。六甲山を麓からけずり、西方の丘陵やさらに西の台地をもけずり大きな島が2つもできました。まさに、『山、海へゆく』の言葉どおりです。
 神戸市内の地形で最も特徴的なものは、やはり六甲山地です。西のハチ伏山から東に向かってだんだんと高くなってゆく傾動地塊と呼ばれているもので、大阪湾がどんどん沈降していくのと呼応しているようです。
 市域が西方へ北方へと拡大するにつれて、いろんな地形が見られます。名谷付近は古神戸湖と呼ばれる大きな湖に堆積した火山灰や土砂が軟らかい岩となって隆起したところで、丘陵地形となっています。さらに西側の学園都市から西神ニュータウンにかけては、第二瀬戸内海(2回目に水域になったという意味)と呼ばれる海に土砂が堆積し、それが隆起して台地となったころです。一方、北方は六甲山の花崗岩が形成されるより少し前にできた丹生山塊と呼ばれ
る山地が広がっています。
神戸市付近の概略地質変遷
トップへ戻る